スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MHP2G】鬼畜クエでしか活路を見出せない末期な俺【ソロリスト】

スクーリング当日…
僕の履修してる科目とhiroちゃんのそれは違うので
別々の講義室で授業を受ける2人…

ああ…こんなに近くにいるのに…
君と僕との間にはあんなブ厚い壁が立ちはだかっている(゚Д゚)
距離は近いのに…君の心は遥か遠くにあるように感じるよ…
それはまるで「日本」「北朝鮮」の友好関係のように(いいから話進めろ)

講義中は全く会う機会がないので
昼休み、食堂にて彼女にレポートを渡すこととなった。


食堂に向かうと…そこに彼女はいた。
ああ…こんなに近k(ry
そして、俺はある違和感を覚えた…

(彼女の前髪がパッツンになってる…?!)



すかさず俺はこの言葉を口にした。

タモリ




「髪切った?」



hiro「うん…えへへ」


この雰囲気もううう!!!(;゚;艸;゚;)
ずっと浸っていたい、ずっとこの空気に浸っていたい!!(*´Д`)

しかし、俺の気持ちとは裏腹に彼女は何やら急いでる風である。


hiro「友達、待ってるから」


俺のレポートを受け取ると、彼女は足早に俺のもとから去っていった…

…あれ?!?! 
…レポート受け取ったら俺はもう用済みかい?!(;;ΦΦ)



今にもこぼれ落ちそうな涙をグッと堪え、
誰にもこの気持ちを悟られぬよう午後からの講義を受けていると…
俺のケータイが振動した。
一通のメールを受信…それはhiroちゃんからだった。


『さっきはごめんなさい。レポート本当にありがとうございます』


ものっそい事務的な内容である。
そして、もうこれ以上落ちることのないほどドン底状態な心境の俺は
破れかぶれな感じで以下の内容を送信してみた。


『全然ええよ。じゃ、レポートのお礼はご飯でええよw
 またメシでも食べに行かへん?』



するとすぐさま彼女からの返信が届いた…


『ほな、今度ご飯行きましょう。私、焼き鳥食べたいです』


…思いがけぬその内容に、俺は思わず相好を崩した(゚∀゚)!!

俺の物語は、これから楽しくなっていきそうである…

続き読んでやんよ...

スポンサーサイト

theme : モンスターハンターポータブル2ndG
genre : ゲーム

08 | 2009/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事+コメント
オンライン&アクセスカウンター
★現在の入浴者数★


☆総入浴者数☆
カテゴリ
月別アーカイブ
"YEAR"をクリックすると
その年の記事を月別に表示。
"MONTH"をクリックすると
その月の記事を古い順に表示。
★相互リンク★
ブログ内検索
★MONSTER HUNTER★
★Favorite MY-SET★
・スキル重視装備
(09/10/17更新)


・ビジュアル重視装備
(10/04/28更新)


・ランス、ガンランス用装備
(10/03/23更新)
過去、挑戦してたこと。
・ソロリスト

・リアルソロリスト

・モンハンバトン
(【Q26】/【Q40】)
【MHP2G】難読漢字の読み
ゲーム中に登場する難読漢字の読み方が 分からんって方の お役に立てれば幸いです。 ⇒その記事へGO★
鼻の下伸ばし続けた日数。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。