スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MHP2G】モンハンウォーズⅡ~まごころを俺に【kai】

M@GNuM.「今日はほんまにありがとうな、楽しかったよ」

hiro「私こそありがとう…じゃーね」


彼女は俺にそう告げると、改札をくぐり駅のホームへと向かった…
…その途中で再びこちらを振り返り、笑顔で俺に向かって手を振った


…か、可愛いじゃねーかっ!!くそおおッ!!!!!!ww(*゚Д゚)



…宿泊先のビジネスホテルへと向かう俺の足は
何だか宙に浮いているような感覚だった。
今の今まで彼女と同じ時間を共有していたことが、
まるで夢の中の出来事であるかのように感じられたからだ。
さっきまで隣にあったはずの彼女の温もりが消え、俺は耐え難い孤独感に襲われた…。


俺はふと道端に屋台があるのを見つけた。
何だか今日は酒に溺れたい気分だ。
おやじ「へい、らっしゃい!」
M@GNuM.「マスター…すまない、極上のカミュをくれないか」
おやじ「ダンナ、何かあったんですかい?」
俺はそのおやじに今日の事の顛末を語った。
そして…すまない、ここでみんなに謝らなきゃならない。
ここから7行上までの話はデタラメだ、まじでサーセン(オイ)


ホテルに着くと、俺のポケットの中にあった携帯電話が振動した。
メールを1件受信…それはhiroちゃんからだった。


『今日はごめんな…めっちゃ甘えてもた』



…あれ??w
何ですかこの急に距離をとった感じの内容ッ?!?!w((;゚Д゚))
もっと心を込めてくれてもいいんじゃねーの?!w
ド、ドMの俺の心をガッチリ掴むじゃねーかッ!!!!!ww




その後彼女と何通かメールのやり取りをする内に、
俺のテンションは徐々にヒートアップしていった
その場のノリで俺は次のような一文を送信してしまった。



『それにしても…hiroちゃんの髪の毛柔らかかったなー』


…それ以後、彼女からの連絡が来ることはなかった…。

続き読んでやんよ...

スポンサーサイト

theme : モンスターハンターポータブル2ndG
genre : ゲーム

09 | 2009/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事+コメント
オンライン&アクセスカウンター
★現在の入浴者数★


☆総入浴者数☆
カテゴリ
月別アーカイブ
"YEAR"をクリックすると
その年の記事を月別に表示。
"MONTH"をクリックすると
その月の記事を古い順に表示。
★相互リンク★
ブログ内検索
★MONSTER HUNTER★
★Favorite MY-SET★
・スキル重視装備
(09/10/17更新)


・ビジュアル重視装備
(10/04/28更新)


・ランス、ガンランス用装備
(10/03/23更新)
過去、挑戦してたこと。
・ソロリスト

・リアルソロリスト

・モンハンバトン
(【Q26】/【Q40】)
【MHP2G】難読漢字の読み
ゲーム中に登場する難読漢字の読み方が 分からんって方の お役に立てれば幸いです。 ⇒その記事へGO★
鼻の下伸ばし続けた日数。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。